希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)2

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

1月11日(土) 日本英語教育史学会研究例会(東京)

日本英語教育史学会276研究例会

日時:2020年1月11日(土)14:00~17:00

会場:順天堂大学お茶の水キャンパス第2教育棟303教室

参加費:無料

 

研究発表

日本の自治体における外国語教育政策の波及:1970年代以降の各都道府県の「研究テーマ」を手がかりとして

青田庄真氏筑波大学[助教])酒井秀翔氏筑波大学[学群生])

【概要】新政策を積極的に開拓する自治体,他の動向を見極めて導入する自治体がある。本研究では,外国語教育をめぐる自治体の政策過程を明らかにすることを目指し,史料をもとに政策の内容を類型化するとともに,その類型や自治体の特徴に着目して政策波及の動態を分析する。

 

研究発表②

講和後におけるロックフェラー財団フィランソロピー戦略

広川由子氏愛知江南短期大学[講師])

【概要】本発表は,講和条約締結後におけるロックフェラー財団の対日英語教育支援活動の実態を、日本英語教育研究委員会(ELEC)の成立と展開に着目して明らかにすることを目的とする。ELECの実態解明を通して、米国側の日本の英語教育への「まなざし」に言及し、財団の活動を「フィランソロピー戦略」という新概念で定義することを提唱したい。使用する史料は主にロックフェラー財団文書館所蔵のジョン・D・ロックフェラー3世文書である

 

<問合先>日本英語教育史学会例会担当メール:

 reikai(at)hiset.jp (at)を@に変換してください。

◆例会は会員・非会員に限らずどなたでもご参加いただけます(予約不要)。

◆ご宿泊の方は宿泊先等の確保をお早めにお願いします。

◆例会終了後に懇親会を行います。こちらにも奮ってご参加ください。

<会場案内> 次のリンク先をご参照ください。

順天堂大学国際教養学部キャンパスと施設

ページ下段にある地図内の「第2教育棟」が会場です。

www.juntendo.ac.jp

hiset.jp